FC2ブログ

THE JIMMY JETS/THE 10TH ANNIVERSARY ONE MAN GIG 2019年5月4日 NANBA Mele

D5vW-74VUAAokGf.jpg


THE JIMMY JETS/THE 10TH ANNIVERSARY ONE MAN GIG 2019年5月4日 NANBA Mele



ジミージェッツの10周年記念ワンマンギグに行ってきました!


当日は、前のめりのロックンロールが聞きたくて、意気揚々と家を早く出たのだが、案の定GWの渋滞に巻き込まれちゃってさ。

また不幸な事に、巻き込まれた瞬間にトイレ行きたくなって、もうオレの人生は終わった......って思ったんだけど、奇跡的に渋滞が流れて難を逃れました。

その時に、今日のオレはツイてるな。
今日はもうイイ事しかないだろうと、特に根拠の無いポジティブ思考の神が降りてきて、テンションが高かったと記憶しております(笑)

この日は、有難い事にフォロワーさんから前飲みに誘って頂き、たこ焼き食ったり、イカ焼き食ったりしてライブが始まる前からとても楽しかったよ。

オレは引っ込み思案で友達も少ないから(笑)、あまりこういう機会がなくてね......誘ってくれた友にはホント感謝しています!

もうこのまま帰っても十分なくらい楽しかったけど、そういう訳にはいかないよね(笑)



...って事で、いい時間になったので会場にGO!


さすがソールドアウトって事もあって人が多いね(当たり前か......笑)

中に入ると、昔馴染みの連中や、久しぶりに会う方々、各地のJETS隊のみんながいて、とても嬉しい気分になる。


また、オレにジミージェッツを教えてくれた師匠的な存在の方もいらしてて、こうやって一緒に記念のワンマンを見れる事がとても感慨深いなーなんてシミジミと感じていた。

しかも、メレはオレが初めてジミージェッツを見た思い出のハコだしね。


そんな色んな想いが交錯する中、いつものSEが鳴った......



記念すべき1曲目は、そう「冒険者」だ!


オレはいつものように最前列ド真ん中にいたのだが、何じゃコリャー!始まったと同時に後ろからの圧(アツ)がハンパない!


スタークラブの40周年の時も死ぬかと思ったが、今回はそれ以上にキツいじゃないか......


実はメレは、ステージはあるのだが、柵(バー)はなくってさ...したがって最前のヤツが踏ん張らないと、メチャクチャになってしまうのだ......

って事で、拳を上げることすら厳しくって、とりあえずひたすら「冒険者」を叫び続けました。


続けて「BE-BOP GO」「WORK IT OUT」「THE DOGS BOLLOCKS」と1stからの名曲が並び、最新作からの飛び切りのパンクロックナンバー「RIOT RADIO」をブチかます。


もちろん、その間も圧が和らぐ事は一切ない......

確かにオレは前のめりのロックンロールを聴きに来たのだが、違った意味で前のめりになってましたね(笑)


そんなこんなで、少しでも圧が和らいで欲しくて、早くスローな曲来ないかなーなんて思う自分が少しイヤになりました.....
パンクバンドのライブでこれほどスローなナンバーが恋しいライブは初めてじゃないかな(笑)


ようやく念願の(笑)ミディアムテンポな「SIDEKICK」で少し圧が和らいだ気もしたが、次の曲がいけなかった......

そう、揃いの革ジャンの襟立てる曲「HANDS UP」だったんです。

「HANDS UP」は決して速い曲じゃないんだけど、スゲー盛り上がりで前半戦で一番圧がスゴかった。

あっ、何か圧の話ばかりでゴメンね(笑)

もう、完全にステージとモニターを守るセキュリティーと化してたもんで......


この曲の為に、このクソ暑い中、革ジャン着てた同志たちも沢山いて、曲終わった後に、「もう革ジャン脱いでいいよ」と言われ脱いでるみんなが可愛かったです(笑)

えっ、オレ?オレは、始まる前から脱いでる裏切り者ですが、何か...(笑)


続いてワンマンならではの、あまり演らない曲を演るよって始まった「flock」「name is SPADE」はスゴく良かったな。

特に「name is SPADE」は大好きな曲で久しぶりに聴けたからめっちゃ嬉しかったよ。


続く「WASTELAND」ではギタートラブルでけっこう長い間ギターが鳴らなかったけど、オーディエンスもOiOi言ってリズム取ってたし、不幸中の幸いって言ったらおかしいけどNORIさんのカッコいいベースラインが聴けたし、バンドにとっちゃトラブルはない方がいいと思うけど、こういったハプニングもライブならではだよね。

でも、曲を止めずに歌いきったのはホントカッコよかった。
曲が止まると、どんなに盛り上がってても興醒めするからね。


で、次は幻の曲「HURTFUL MEMORY」

勿論音源化はされてないし、YOUTUBE等にも上がっていない、しかも前回は3年前の京都で演って以来という超レア曲だ。

歌い出しの「Ah MEMORY~」っていう切ないメロディーが耳に残るグッドソングで、過去のどの曲にも似ていない不思議な魅力を持った曲だ。

オレ的にはかなり好きなメロディーなだけに、また3年後には演って欲しいし(笑)、いつか音源化されれば嬉しいな♪


で、未発表曲と言えばオレ的には「JETS are COMING」な訳だが、随分昔からある曲にも関わらず、一向に音源化されないというね......

この曲は、昔のライブじゃ、度々オープニングを飾ってたライブのテーマ曲みたいな曲で、オレは大好きなんだ。

今回のライブでどこで演ってくれるかと思ってたら、後半1発目のここできた!

「ラーラーラーラーララララー」って全力で叫んだよね。

出来れば、オレが死ぬまでに音源化してくださいますようお願い申し上げます(笑)


そんな「JETS are COMING」が終わって間髪入れずに始まる「STRAY CAT」のカッコいいのなんのって。

めっちゃヤバいよね。

とにかく、こっからラストまでがハンパなかった。

この時、軽く「死」を覚悟したのはここだけの話だ(大袈裟w)


「Deviate」は先のブログでも書いたけどBe Your raisingって叫びまくったよ。


「ギャングカスタネット」のカオス具合もイイ感じだ。


終盤戦...「視界ゼロの街」「HOT ROD」「ALL BOYS CLAP」「MASTERWORK」......うん、盛り上がらない訳ないよね。


他のバンドのライブなら早々にダイブでもして最前列を脱出していただろう......

膝はステージにガンガン当たって痛てーし、腕は限界だし、後ろのヤツらは暴れん坊だし(笑)......全く40半ばの現場じゃねーよね(笑)

でもこれはジミージェッツのライブ、しかも記念すべきワンマンだ!


オレが退いたら、他の連中が厳しいだろうし、ステージに人が雪崩れ込んで怪我人とかでたら台無しだな.....なんて大きなお世話的な正義感と気力のみがオレを支えていたのであった......(笑)


でも、「MASTERWORK」はどーしても暴れたかったんで、ちょっとだけガンバったが、お前の指定席はそこだろって感じですぐ最前列に戻されたよ......何故。。

まぁ、そんな事はどでもいいよ......オレにとって「MASTERWORK」はジミージェッツを聴くきっかけになった特別な曲なんだ!

いつのライブでもオレは全力で拳を上げ、全力で歌う!
勿論今回も過去最大級のありったけの想いと感謝を込めて歌ったが、圧が厳しくてほぼ下を向いてモニターに向かって歌っていたような気がするので、この想いがメンバーに伝わったかどうかは謎だ(笑)


さぁ、いよいよラスト2曲。


ここで「ONE LIFE」を持ってきた事に感動した。

オレの勝手な解釈だけど、このワンマンはあくまで通過点、オレたちゃまだまだ止まらないぜー的な意味を感じたんだ。

とても良かった。とても、とても......


最後は「モグラ」で〆

うん、やっぱ「モグラ」で暴れて終わらないとジェッツのライブじゃないよね。

もう最後だったんで、セキュリティー業務を捨ててオレもめちゃくちゃしたよ、いいよね(笑)

全くラブリーなサタデーだ!



鳴り止まぬジェッツコールに応えてくれてアンコール。


アンコール始まる前にギターのキタさんが、「30分のライブでもワンマンでもいつも通り常に全力で...と言いたいところだけど、やっぱり今回のワンマン、特別な気持ちで臨みました!」みたいな事を言ってくれて嬉しかった。

だってオレも、いやここにいる誰もがそれぞれの特別な想いでこのワンマンに臨んだと思うから.......

何となくそんな想いを共有できたような気がして、アツいものが込み上げたよ。



で、アンコールなんだけど何を演るんだろうと.......

既に全弾撃ちつくしてるし(笑)

オレ的には「MASTERWORK」か「視界ゼロの街」かあたりをもう1回演るのかなーなんて思いながらHIROKIさんが出てくるのを待ってた。

しばらくして漢字シャツで登場したHIROKIさんが、「もしアンコールがあったら、みんなと歌える曲を1曲用意してきた」って言って、始まったのがストラマーズの「STAND AGAIN」だった!

全く予想してなかったし、ビックリしたし、嬉しかったし、胸がアツくなったよ。


本編21曲+アンコール1曲、至福の90分でした。


途中、メンバーも言ってたけど、コレが終わりじゃなくって通過点。


彼らのMARCHも、オレたちのMARCHもまだまだ止まりそうもないな♪




THE JIMMY JETS、スタッフさん、全国各地のJETS隊の皆さん、そしてオレの親愛なる仲間たち、ありがとーございました!
そしてこれからもヨロシク!


またどこかで、揃いの革ジャンの襟立てましょう!

えっ?お前革ジャン脱いでたじゃねーかって......

う、うん...まぁ、細かい事は気にすんな(笑)



またね!





SETLIST

1.冒険者
2.BE-BOP GO
3.WORK IT OUT
4.THE DOGS BOLLOCKS
5.RIOT RADIO
6.SIDEKICK
7.HANDS UP
8.flock
9.name is SPADE
10.WASTELAND
11.HURTFUL MEMORY
12.JETS are COMING~Standing for my life~
13.STRAY CAT
14.Deviate
15.ギャングカスタネット
16.視界ゼロの街
17.HOTROD
18.ALL BOYS CLAP
19.MASTERWORK
20.ONE LIFE
21.モグラ

(EN)
22.STAND AGAIN(The STRUMMERSカバー)




D5wHzzyUEAAO2JV.jpg



D5wH0XtUYAAcEeF.jpg




まぁ、オレのブログなんかより、まだ読んでない人はオフィシャルのHIROKIさんのブログを読んでくれ。
アツい想いも写真もいっぱい載ってるから!

オフィシャルブログはこちら




D5wHzShUYAI0ABx.jpg




過去のジミージェッツ記事はこちら

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ほんと良かった、行って良かったです。最後のSTAND AGAINにはビックリしましたね。もうね、ずっと聴いてますよ(笑)俺はJETSをずーと応援しますよ!毎年ワンマンやってほしいね。HIROKIさんの声いいね〜歌うまいわ!

Re: タイトルなし

中澤さん、コメントありがとー!
来てくれてホント嬉しかったよ。
「STAND AGAIN」も良かったよねー
これからもヨロシクです♪
プロフィール

punkhouse★nao

punkhouse★nao
HELLO,HELLO HERE'S THE PUNKHOUSE!
THIS IS A PUNK ROCKER!!

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
TWITER FOLLOW ME♪
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク