FC2ブログ

THE JIMMY JETS/ZERO

zero_jkt.jpg


THE JIMMY JETS/ZERO

1. 視界0の街
2. RIOT RADIO
3. WASTELAND
4. HANDS UP
5. Deviate
6. SIDEKICK
7. ONE LIFE


前作「MASTERWORK」から約3年ちょっと、満を持して発売されたTHE JIMMY JETSの3rdミニアルバム!


本作は自身のレーベル「HOODLUM PARTY」を立ち上げてのリリース&結成10周年の記念イヤーって事もあって、発売前から相当気合が入ってるなーなんて思ってたし、オレの期待値も発売日が近づくにつれ日に日に高まっていくばかりだった。

ただ、期待が高まれば高まる程、オレのハードルは上がっていくので、若干の不安がなかった訳じゃなかった......


更に言うと、前作で今や彼らのアンセム曲とも言える「MASTERWORK」や「冒険者」等の素晴らしい楽曲を収録してただけに、それらを超える楽曲を収録するのは難しいんじゃないかなーなんて余計なお世話を思ってたのも事実だ。
(本作収録曲の何曲かはライブで聴いていたし、イイ曲ってのは十分わかってたんだけど、実際音源となると話は別だしね)


でもね、そんな心配も1曲目の「視界0の街」が鳴った瞬間に全て杞憂に終わったよ!


ありきたりな言葉で悪いけど、ムチャクチャカッコいいじゃねーか!ってのが第一印象。


何も期待しないで聴いて、カッコいいなーってのはけっこうあるけど、ハードル上げてのコレは近年ないんじゃないかな。


とにかく音の作りがイイ!


オレはバンドマンじゃないんで音の詳しいことはわからないけど、ボーカルとギターのバランスが特にオレ好みで素晴らしいね。



じゃ、1曲ずついつものように好き勝手な感想を書くよ。


視界0の街・・・バンド初のオフィシャルPVも作成された渾身の1曲!

先にも書いたけど、「MASTERWORK」や「冒険者」クラスのアンセムは今後そうそう出ないだろうなーなんて思ってたら、あっさりニューアンセムを作って1曲目にブッ込む彼らに脱帽だ。

まぁ、オレのクソッタレなレビューなんかより下のPVを見てくれて判断してくれればいいよ。

きっと気に入るはずさ。





ちなみにこの曲は、2017年のクリスマスイブにオレの地元「高松」で初披露された楽曲。

当日は、クリスマスイブと日も悪く(笑)、しかもメジャーバンドですら動員が厳しい死国で僅か十数人...いや純粋な客は数人か...そんな中でこの曲を聴けた事を誇りに思うし、不利な状況の中、敢えて高松まで来てサイコーのギグをかましてくれた彼らや、こんな辺境の地まで遠征してきてくれたJETS隊には今でも感謝しかありません。


RIOT RADIO・・・衝撃の1曲目から間髪入れずに爆裂するお得意のパンクロックソング!
前作の「HOT ROD」、前々作の「BE-BOP GO」もそうなんだけど、彼らの場合、2曲目が1曲目に負けず劣らずのグレイトソングなんだよね。
この曲も、随分前からライブではお馴染みの曲でとても盛り上がる曲。
オレの周りでもすこぶる評判のイイ曲だ!


WASTELAND・・・2曲ブッ飛ばしたんで、「お前ら少し落ち着けよ」って感じのスローでクールな楽曲。
1回だけライブで聴いたかな。


HANDS UP・・・実は個人的にこの曲の音源化が一番楽しみだった。

随分前からライブではセトリに組み込まれてて、オレは勝手に「革ジャンの襟立てる歌」と呼んでいたのだが、ある日友人に曲名は「HANDS UP」だよって冷静に突っ込まれた思い出の曲だ(笑)

そんな話を聞いたか聞いてないかは知りませんが(笑)、当時オフィシャルブログにこの曲の歌詞が掲載されてね、ライブでシンガロングする為に必死に覚えたもんさ。

決して速い曲じゃないんだけど、ライブではとても盛り上がるし、この曲も「視界0の街」と並ぶ彼らのニューアンセムなんじゃないかなって思ってる。

この曲もPVあれば、カッコいいPVになると思うんですが、どうでしょう......


Deviate・・・ライブで「Be Your raising」と叫びまわるであろうオレの姿が容易に想像できる1分55秒のショートチューンである。
歌詞にある「群れから外れたのは くだらなかったから...」ってフレーズがとても共感してお気に入りだ。


SIDEKICK・・・ミディアムテンポのバラッド。本作で唯一ヴォーカルのHIROKIさんの作曲の曲。イイ曲だ。


ONE LIFE・・・このミニアルバムは、ほとんど作詞はHIROKIさん&作曲はギターのKITAさんの組み合わせなんだけど、先の「SIDEKICK」だけHIROKIさんの作詞作曲、そしてこの「ONE LIFE」だKITAさんの作詞作曲だ。

前作の「ギャングカスタネット」と前々作の「モグラ」はKITAさんの作詞だったけど(モグラはHIROKIさんとの共作)、どっちも歌詞けっこう短かったよね......笑

なんでKITAさんの詞はいつも短いのかなーなんて勝手に思ってたんだけど、今回の詞は長いぜ(笑)

しかもとてもイイ詞なんですよね!

更に曲も全箇所サビかってくらいフックがあって、素晴らしい本作のラストを飾るに相応しい楽曲となっております。




うん、まだまだ彼らのMARCHは止まりそうもないね♪




オススメ度:★★★★★
フェイバリット:①②④⑤⑥⑦




未聴の人は、トレーラーも聴いてみてよ♪







ワンマンFy



で、2019年5月4日(土)は、10周年ワンマンギグが大阪の難波メレであります。


昨今、ワンマンと言いながらオープニングアクトがあったりするバンドも多いが、そんなものはナイ!
完全ワンマンだ!


もひとつ言うと、このワンマンの後もガンガンにライブ入ってまして……

こういう記念ライブ的なヤツがある時は、記念ライブを成功(動員)させる為に、あとにあまりライブ入れなかったり、入れてても発表遅らせたりするバンドがほとんどなんだけど、彼らは多分、そんな計算高い事は考えてないんだろうね......


ワンマンであろうが、30分の対バンであろうがお構いなしに全力でライブを演る!


彼らにとっちゃこの10周年記念のワンマンギグも通過点のひとつに過ぎないんだろう。


むしろ客であるオレたちの方が気負っているかもね(笑)



...とは言え、10周年初のワンマン。


折角なら多くの人に観て欲しいな。


迷ってる人はぜひ足を運んで時代の目撃者になって欲しい!


チケット予約は下記オフィシャルHPのURLから簡単に出来るのでヨロシクお願いします。
http://thejimmyjets.com/mail/index.php



また、当日事情があったり、遠くて来れない人はそのアツい想いを送ってくれればそれでいい......


オレがその想いを全て持って、拳を上げてくっから!



ステッカーJJ


入場先着特典でステッカー貰えるとの事なんで、欲しい人はお早めに!



CRAZY ABOUT THIS PUNK ROCK SHOW



過去のジミージェッツ記事はこちら



スポンサーサイト
プロフィール

punkhouse★nao

punkhouse★nao
HELLO,HELLO HERE'S THE PUNKHOUSE!
THIS IS A PUNK ROCKER!!

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新記事
TWITER FOLLOW ME♪
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク