FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANGER FLARES/THE GREATEST ANGER FLARES UP

hhggf.jpeg


ANGER FLARES/『THE GREATEST ANGER FLARES UP』~BARMY ARMY ANTHEMS~


1.UNITED FORCEFUL YOUTH(1999)
2.BEGIN TO WALK(2000)
3.GET OVER THE WALL(1999)
4.MAKING NOISE TONIGHT(1999)
5.A WAY OF LIFE(2000)
6.SEARCH FOR THE LIGHT(2005)
7.LET'S GET DRUNK(2006)
8.FIGHTING FOR SURVIVAL(2006)
9.ON THE STREET AGAIN(2007)
10.REBELS WITH A CAUSE(2014)
11.BREAK OUT(2014)
12.GET BACK FUTURE(2014)
13.STAY PUNK(2014)
14.PERFECT WORLD(2014)
15.VOICES FROM THE STREET(2015)
16.WE STRIKE BACK(2015)
17.WORK SONG(2015)
18.KEEP THE FAITH(2015)
19.BREAK DOWN THE WALL(2016)
20.HERE COMES ANGER FLARES(2017)



アンガーフレアーズ、生誕20周年記念セルフカバーベストアルバム!


確か、初めてアンガーフレアーズの名前を聞いたのは、これまた当時のセルフカバーだった「ON THE STREET AGAIN 」だったかな。


しばらくして発売された「REBELS WITH A CAUSE」をYOUTUBEで聴いていいな~と思ってたが、CDは買わず...(笑)


2、3年前に初めてライブを見たらカッコよくって、ちょっとCD買おうかな~なんて思ったけど放置.....(早く買いなさいよw)


...で、昨年の夏にまたライブ見たら、更にカッコよくなってて、よーやくCDを買う決心がついた!(やっとかよ...とか言わないでネw)


確かそのあたりで冬にセルフカバーベスト出すみたいな事を聞いて、グッとガマンして本作をよーやく買いました!!(えぇ、ここまでの道のり長かったですw)



さて肝心の内容の方だが、熱心なファンからしたら、アノ曲が入ってない、コノ曲が入ってないとかあるんだろうけど、初心者なオレには十二分の内容だ。


ライブだったりYOTUBEなんかで大体の曲は知ってたんだけど、1~5曲目は初めて聴いたかな。


聴き馴染みがなかったんで、最初は耳に入ってこなかったんだけど、何回か聴いてるうちにカッコいいなと......

特に1曲目の「UNITED FORCEFUL YOUTH」がカッコいいな。


あと、大好きな「REBELS WITH A CAUSE」と「KEEP THE FAITH」は相変わらず素晴らしいし、ベストだけあって他の曲もグレイト...いやグレイテストです。


中でも「STAY PUNK」はあらためてイイなと......


そー言えば、プリスナーの「STAY PUNK」もカッコいいよね。

STAY繋がりで言うと、クラッシュの「STAY FREE」、SAの「STAY STRONG」、ストラマーズの「STAY GOLD」などなど名曲多いね。
うん、多分オレはSTAYがついた曲が好きなんだな......

あっ、山下久美子の「STAY」もちょっと好きだったな(笑)



ホント、サイコーの1枚なんだけど、唯一残念だったのは歌詞カードが付いてなかったんだよね(涙)


まぁ、ベスト盤やライブ盤には付いてない事はよくあるんだけど、今回歌詞が知りたくて買ったってもの少なからずあるから余計に......笑

ただ、今回のCDはとてもリーズナブルだし、歌詞カード作るのも費用かかるだろうし、付けてないのも何か意味があるんだろうし、仕方ないよね。

実はこの事を知った友が何曲かは歌詞カード送ってくれたさ、とても嬉しかったよ。
この場を借りてあらためてサンクス!

あっ、あとワタクシ「REBELS WITH A CAUSE」と「STAY PUNK」の歌詞が知りたいので、心優しきどなたか教えてくださいませ(笑)
(だってライブでシンガロングしたいやんw)

【1/27追記】「REBELS WITH A CAUSE」と「STAY PUNK」の歌詞を心優しき友から教えて頂きました!感謝!!



とまぁ、歌詞カードがなかったのはオレにとっては残念だったけど、それ以外は申し分なく、品質保証100%だ!


彼らの名曲の数々を収録した至極の1枚を堪能して欲しい!


MUST BUY!!



オススメ度:★★★★
フェイバリット:①⑤⑥⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑯⑰⑱⑲⑳




「REBELS WITH A CAUSE」


「KEEP THE FAITH」


「HERE COMES ANGER FLARES」



上記YOUTUBEはオリジナル音源です。

今回の新緑も大幅なアレンジ変更はないような気がしますが、初心者なオレにははっきり分かりませぬ(笑)

まぁ、オリジナルも今回の新緑もどっちもカッコいいから、大丈夫です。




DxUgOJ-UYAA3lQD.jpg


中ジャケは、昨年末のPUNK LIVE大阪の写真。

ウォーリーを探せ(古いw)ばりにコッソリとオレが映ってますので、探してください......笑


スポンサーサイト

GIGS 2019 "PUBLIC EYE" TOUR発表!

無題


THE STAR CLUB/GIGS 2019 "PUBLIC EYE" TOUR-HIKAGE'S SIXTY WITH NEW SONGS-


ようやく2019年の春ツアーが発表されたね。


まだかまだかと発表を心待ちにしてたファンも多いんじゃないかな。

まぁ、オレもその1人だけどね・・・


あと、こっそりHPに書いてたけど新作(アルバム?)は、3月発売予定との事。


いつも書くけど、毎年毎年新曲を出してくれるスタークラブに感謝だ。


長いことやってるバンドは多いけど、ここまで毎年毎年アルバムなり新曲を出すバンドはスタークラブだけじゃないかな。


60歳になっても、まだまだ衰えることの無いHIKAGEの反骨精神には頭が下がる一方だ。

オレも負けちゃいられないよ。



さて、肝心のツアーだが、今回も我が地元、高松はなかったけど(笑)、岡山があってホッとしました。


高松と岡山って近くってね。1時間ちょいで行けるんだよ。
(ただ瀬戸大橋代がけっこうするけどねw)


今回、久しぶりに死国で松山があるけど、松山までは3時間弱かかるんだよね......
しかも日曜だから、松山はキツいかな。。
松山は、若手のパンクスがいるから、お任せしようかな(笑)


あと、神戸のゲストがモンスターズなんだよねー

実はモンスターズのライブは未体験なんで、かなり行きたいんだけど、どうなる事やら......


まっ、とにかく岡山は絶対行くので、行かれる方はヨロシクです★


GIGS 2019 "PUBLIC EYE" TOUR-HIKAGE'S SIXTY WITH NEW SONGS-

03/16(土) 名古屋:CLUB UPSET
03/17(日) 長野:LIVE HOUSE J
03/23(土) 神戸:太陽と虎
03/24(日) 松江:B1
03/30(土) 弘前:MAG-NET
03/31(日) 仙台:CLUB JUNK BOX
04/07(日) 大阪:CLAPPER
04/13(土) 新宿:LOFT
04/20(土) 岐阜:CLUB ROOTS
04/21(日) 京都:MUSE
04/28(日) 千葉:LOOK
05/01(水) 埼玉:HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3
05/05-08(日) 中国上海・北京
05/11(土) 福岡:DRUM SON
05/12(日) 福岡:DRUM SON
05/18(土) 名古屋:CLUB QUATTRO
05/19(日) 金沢:vanvanV4
05/25(土) 岡山:CRAZY MAMA 2nd Room
05/26(日) 愛媛:LIVEHOUSE SALONKITTY
06/01(土) 横浜:BAYSIS
06/08(土) 藤枝:ココペリ
06/15(土) 四日市:CLUB ROOTS
06/16(日) 大阪:CLAPPER
06/23(土) 札幌:KLUB COUNTER ACTION
07/14(日) 渋谷:TSUTAYA O-WEST -tour final-


各地のゲストはオフィシャルHPのコチラをチェックしてくれ!




過去のスタークラブ記事はこちら


The STRUMMERS/FLAT OUT!

hggf.jpg


The STRUMMERS/FLAT OUT!

1. RUNNING ON
2. THE BASEMENT RULES
3. NINETEEN BLUES
4. RUMBLE MAKER
5. PRIDE OF MISFITS
6. PULSATE SONG
7. ROUTELESS
8. THE OUTSIDER
9. ESCAPE
10. ON THE WAY
11. SMALL STONE STRUT


ストラマーズのニューアルバムである。


オリジナルアルバムとしては前作の「闇に叫ぶ街」が2012年の発売だから、7年ぶりとなる。


つい最近のような気がしてたが、もう7年も経つんだね......


その間いろいろあった...ホントいろいろあった......



IWATAさんが、「新しいアルバムを作ってるから楽しみにしててくれ!」って言ってたのが2015年くらいだったかな。


ただ、ご承知のように病魔に侵されアルバム製作は中断したまま、そして2017年5月...帰らぬ人となってしまった......


もうストラマーズの新しいアルバムは聴けないのか...と誰もが思ってたと思うが、AKITO、大口、カネヤ、セイイチロウがやってくれた。


そう、彼らは走り続ける事を選んだんだ!



1曲目の「RUNNING ON」はAKITOがヴォーカルのアルバムトップを飾るに相応しい粋のいいナンバーだ。


先日のPUNK LIVESでも演奏され、その時もイイ曲だなと思っていたが、実際の音源を聴くとやはりカッコいい。


歌詞の中で「またダイナマイト抱えて 走り続けるだけ」ってフレーズがあるんだけど、思わずニンマリしちゃうよね。



続く2曲目の「THE BASEMENT RULES」は大口氏のヴォーカル。


そう、本作は曲によってそれぞれヴォーカルが違うのも聴きどころだよ。

AKITOが5曲、大口が2曲、カネヤが3曲で1曲がインストだ。


少し話がそれたが、ストラマーズで曲名に『BASEMENT』と付くと、どうしても「THE BASEMENT ROCKERS」や「BASEMENT GANGSTER」を思い出しちゃうよね。


この「THE BASEMENT RULES」も上記2曲に負けず劣らずのストラマーズ節全開のパンクロックなんで安心してくれ。


全く持ってストラマーズの『BASEMENT』にはハズレなしだ!



「NINETEEN BLUES」と「ROUTELESS」は、ご存知の方も多いと思うけどIWATAさんの作詞だ。


確か2015年のライブで「新曲を持ってきたゼ!」と言ってこの2曲を演奏したんだ。


当時、出来立てホヤホヤだったのかな...こんな事言うと天国のIWATAさんに怒られそうだけど、フロアに歌詞のカンペ置いて、ちょいちょい確認しながら歌うIWATAさんが何か可愛かったよ。


その時はあまり何も思わなかったのだが(失礼w)、あらためて音源になった2曲を聴くとカッコいいね。


特に「NINETEEN BLUES」がスゴくいい!


この曲は、AKITOがヴォーカルなんだけど、AKITOの声色と曲がスゴくマッチしててさ。


もちろんAKITOの声なんだけど、後ろでIWATAさんが歌ってるっていうか、何ていうか......うん、上手く言えないよ。


なにわともあれ、この2曲がこうして世に出た事を、IWATAさんも喜んでると思う。



POPな「PRIDE OF MISFITS」もイイよね。

MISFITSって言うと、今や一般人でもTシャツ着るくらい(笑)有名なバンド名なんだけど、ふとMISFITSってどんな意味なんだと疑問に思った。単なるバンド名としか思ってなかったからね(笑)


そこで調べてみたのだが、「不適合」とか「はみ出し者」みたいな意味らしいね。
(この曲がその意味であってんのかどうかはAKITOに聞いてみないと分からないのだが...笑)


まぁ、何事も疑問に思って調べることが大事なもんで、オレも高校生の頃は、よく好きなバンドの歌詞に出てくる英単語を辞書でひいて意味を調べたもんさ。


以前のブログにも書いたけど、高校生の頃、ノートに「YOUNG ASSASSIN」とか「DEADLOCK STREET」とか「REBEL ROCK」なんかの単語を書き殴ってたら、英語の女性教師から、「オレ君、難しい単語知ってるのね!スゴいわ♪」なんて誉められたりしたよ。

ただ、それらの単語はテストには一切出なかったけどな......笑



あと、「THE OUTSIDER」と「ON THE WAY」も気に入っている。


「THE OUTSIDER」はイントロの泣きメロディーが素晴らしすぎるし、カネヤがヴォーカルを取る「ON THE WAY」は歌詞がスゴく好きだな。



結局、4人になって何か変わったかっていうと、何も変わっちゃいない。


これまで通り、グッドソングを連発しまくるストラマーズがここに居るだけ!


兎にも角にも、現在進行形のストラマーロックを堪能して欲しい。


また、このブログを読んでCD買ってみようかなとか、ライブ行ってみようかなって人が1人でもいれば嬉しく思います。





彼らは走り続ける!



もちろん、オレも走り続ける!



そう、そしてキミも走り続けるだろうよ!





fdfhgfg.jpg





The STRUMMERSの過去のブログはコチラ



プロフィール

punkhouse★nao

punkhouse★nao
HELLO,HELLO HERE'S THE PUNKHOUSE!
THIS IS A PUNK ROCKER!!

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
TWITER FOLLOW ME♪
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。