スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SANUKI ROCK COLOSSEUM 2016年3月21日

CeEZMgWUMAAlNNb.jpg


SA/SANUKI ROCK COLOSSEUM 2016年3月21日


なんだかんだ言ってたけど、結局、地元のフェス「サヌキロック」に行ってきた。


数日前にチケット完売連絡があって、もー諦めてたんだけど、当日、高松パンクスのまーくんから、当日券ゲットの報を受け、急いで髪の毛立てて、現地に走る。


SAしか見ないのに・・・しかも30分なのに・・・と、チケット売り場のお姉ちゃんを前にしても、ホントに買うかどーか、少し迷いながら当日券購入。¥4500を払う手が震えたよ(笑)


とりあえず、革ジャン着たそれらしいヤツを探そうって事になったけど、まわりは皆さん短パンにタイツはいてバスケ部みたいなキッズばかりでした(笑)


そんな中、奇跡的にピンクのモヒカン君を発見!

絶対SAでしょ!って事で、とりあえず、声かけるというか絡む(笑)

後で、聞いたけど、絡んできて面倒クセーなーって思ってたんだって、そらそーだわな(笑)

東京から1人で来たらしく、見た目とは裏腹に、とってもイイ人でした!



いい時間になったんで、会場の中に入る。


会場のオリーブホールは、確か大昔にDe-LAXの無料ライブで来て以来だけど、けっこう広かったのね。


あー相変わらず、パンクスはオレら以外いません(笑)

スポーティーな若者だらけです。



・・・で、知り合いいねーかなーなんて、きょろきょろしてたら、ある方から声かけられた。

オレが以前、レコ屋で働いてた時にSAを毎回買ってくれてたHさんだった!

多分8、9年ぶりかな~ホント、ビックリ!と同時に覚えていてくれて嬉しかった!


奇跡の再会で、昔話に花咲かせてたら、始まった♪


1曲目はオレの好きなアノ曲からスタート!

燃えたよ。個人的に1年以上ぶりのSAだったんで余計にね。

あっ、高松は10年ぶりなんだって。


2曲目は、最初の入りでTAISEIが、「この曲は○○○○○○○って言うんだけど、言いにくかったらサヌキうどんで歌え」みたいな事言って、みんなでサヌキうどんコールしてワロタww


このあたりから、SA知らないお客さんも打ち解けてきたんじゃないかな(笑)


完全アウェーな中、みんながちょっとずつだけど、SAに興味持ってきて、最後はみんな笑顔になってたのが印象的だったね。

さすが遅れてきた超大物新人(NAOKI談w)だよ。

客の乗せ方がウマい!


途中サークルも起こったり、TAISEIのMCも何かいつもと違ってフェス仕様だったよーな気もします♪


ただ持ち時間が30分なんで、6曲くらいで、あっと言う間に終わりました(笑)

まーいつもと違う感じのSA見れたんでオレ的には面白かったよ。


TAISEIも「また高松、必ず来ますっ!」って言ってたから、メンバーも楽しめたんじゃないかな!・・・と信じたいですね(笑)



・・・で、ライブ終わって、ロビーで一服してたら、「あーーー」ってまた声かけられて、よく見たら、秋に武装&ブロセルズの時に会った女の子だった。

今日は、奇跡の再会多いわ(笑)

いろいろ話せて楽しかったよ♪



今回は、SAも良かったけど、フェスの雰囲気楽しめたり、新しい出会いや奇跡の再会があったりと、ライブ以外も楽しかったな♪


最初は、チケット高いなーって思ってたけど、十分、元とったわ!


みんな、ありがとーね!楽しかったわ!またね!!








(おまけ)

帰りにみんなで飯食ってたら(うどん県なのに、餃子の王将で食うw)、隣のお子ちゃまが、スカル君のピンクモヒカンを指差して大爆笑してました(笑)

そんなお子ちゃまに笑顔で返すスカル君がステキでした・・・




スポンサーサイト

New Young Generation

ef.jpg


CRY-叫- /New Young Generation

01. 心のおく
02. 14
03. N.Y.G
04. すてきな世界
05. NO FUTURE
06. ONE LIFE
07. 幸せの行方


2001年発売の3rdアルバム♪


こちらも運良く手に入れられた!


①~⑤は、ベストに新録で収録されてる曲のオリジナルバージョン。
当然良い!


特に「心のおく」と「14」は、彼らの楽曲の中でもトップクラスに好きだ♪


今回初めて聴いた「ONE LIFE」「幸せの行方」もスゴくいいよ。
ベストに収録されてても何の違和感もないと思う。


7曲ともグッドソングで、捨て曲なし!

とってもお気に入りの1枚です。



意外だったのが、彼らの楽曲の多くはギターのKENJIの作詞作曲だったんだなって事。

今作でいうと、①~⑤がKENJIで、⑥⑦がボーカルのMASAKAZUの作詞作曲だ。

前作の「STANDING~」も12曲中9曲がKENJIの楽曲だった。

だから、どーしたって話なんだけどね(笑)



オススメ度:★★★★
フェイバリット:ALL!



STANDING ON THE STAGE

232008743.jpg


CRY-叫- /STANDING ON THE STAGE

01. NO MORE HERO
02. 青空
03. HELLO!
04. バーチャルリアリティー
05. STAGE
06. It's Alright
07. TROUBLE
08. 赤い車
09. What to need?
10. Calling
11. 家出
12. Teen


2000年発売の2ndアルバム。


当然、廃盤なのだが、運良く手に入れられた♪


「NO MORE HERO」「青空」「バーチャルリアリティー」はライブバージョンは聞いてたけど、スタジオテイクを聴けるのは嬉しい限り。


「NO MORE HERO」のイントロのくだりとサビはやっぱカッコええ!


「青空」は最近、仕事終わりに脳内リピート100%です♪


「赤い車」はベスト収録バージョンより歌詞が少ないけど、ドラマチック度は変わらず申し分ない。


「Teen」は、イントロからAメロが好きだわ~


速い曲、ポップな曲、メロウな曲とバラエティに富んだ内容のアルバムだね♪



オススメ度:★★★
フェイバリット:①②③④⑤⑧⑩⑫

TREASON

treasonj.jpg


STRONG STYLE/TREASON

01.TREASON -反逆の風-
02.唯独り
03.遠ざかる日々


2013年8月31日 名古屋club QUATTRO会場限定販売のシングル!


「口笛吹いて」もそーとー良かったけど、「TREASON -反逆の風-」も、それと同レベルのカッコよさでブッ飛んだ!


諦めてしまうのは
死ぬよりも苦しいから
このままじゃ終わらせない
握った拳を更に強く握る

今何が出来るよりも
何をやらなきゃいけないか
そこに道は拓かれる
雨は上がり雲は切れ
風が吹き始める


うん、グッとくる歌詞だ♪

メロディーもツボを押さえまくりで素晴らしい!


個人的には彼らの楽曲の中でTOP3に入るくらいお気に入りだ。

これが、限定だなんて、もったいないよ!

ホント、たくさんの人に聴いてもらいたい曲なのです!


2曲目の「唯独り」も「TREASON」に負けず劣らずの切なさ全開のメロディー♪
特にサビは素晴らしいね。

ラストの「遠ざかる日々」もミディアムなグッドソング。


いやー捨て曲無し!更にはジャケも秀逸で大満足な1枚です!!



オススメ度:★★★★
フェイバリット:①②③









(追記)

このCDは、最初に書いた通り2013年の会場限定発売で、HP上でも完売になってたから、実は諦めてたんだ・・・

でも先週、友から「手に入ったから送るよ♪」との連絡があり、狂喜した!もちろん新品だ!

本当に嬉しかった。

特にお願いしてた訳じゃないのに、オレが探してる事を覚えててくれて、連絡してくれたんだ!


また、つい先日も別の友にも、手に入れたら連絡するから・・・と言われ、同様に嬉しかった。


オレは、ホント友に恵まれてるな。

この場を借りて、あらためて感謝します!



ありがとうございました!!



THE STAR CLUB/BADSIDER発売決定!

99799727.jpg


ついにニューアルバムの発売決定したね♪


しかし、毎年毎年コンスタントにアルバムを出してくれて、ホント感謝だ!

普通は、長くやってると、発売スパンが長くなるもんだけどね・・・彼らの創造力はスゲーよ♪

チンタラやってるバンドには見習ってほしいもんだ。



以下、オフィシャルHPより抜粋

2016SC最新アルバム「BADSIDER」4/8リリース!
オンライン先行発売4/1!
3月末日まで予約受付中!!
NLSC-012T ¥5093+税(CD+発売記念Tシャツ/当オフィシャルストアのみの限定セット)

こちらはCD+発売記念Tシャツのセット商品になります。
他にCDのみの商品があります。
NLSC-012 ¥2778+税(CDオンリー)

灼熱のサンシャイン、心の奥を焦がせば、健康的な陽の下、正義は裁かれる!!
今年ついに結成40年目に突入したTHE STAR CLUB。2016年の最新作は、ロック・カルチャーへの敬愛を込めた全12曲のフル・アルバム。長い年月の中で止まる事なく流れるパンク・ロック・サウンドが、ここにある!

01.JACK-O'-LANTERN
02.WORLD FUCKERS
03.NOT TODAY
04.AND ROLL
05.BADSIDER
06.JUST ME
07.MY LADY LOVES
08.NO MATTER
09.AQUARIAN GIRL
10.HIGH DEATH RATE
11.GOOD FOR NOTHING
12.癇癪持ちの嘆き


限定のTシャツ付きとCDのみの2パターンで発売だ。


予約はオフィシャルストアから予約してくれ!





さて・・・・・・


毎回やるけど、曲名から妄想するわ(笑)


・JACK-O'-LANTERN・・・1曲目なんで期待してる...


・WORLD FUCKERS・・・Tシャツにもなってるから期待してる...


・AND ROLL・・・ツアータイトルなんで期待してる...


・BADSIDER・・・アルバムタイトルなんで、当然期待してる...


・癇癪持ちの嘆き・・・唯一の日本語タイトルなんで期待してる...


ゴ・ゴメン、妄想でも何でもないね・・・ただの期待するタイトルでした(笑)
さー、みんなはどーかな?(笑)


あっ、あとね「灼熱のサンシャイン、心の奥を焦がせば、健康的な陽の下、正義は裁かれる!!」って書いてるけど、よく意味がわかんないんだよね・・・健康的とかスタークラブから想像も出来ない言葉やしね(笑)
まさか、禁煙しろとか言わないよね・・・(笑)


・・・って冗談はさておき、でもHIKAGEも病気したから、この辺の心境の曲もあんのかな・・・なんて思ったりもする。


まっ、とにかく発売が楽しみだ!



震えて待とうぜ!!





PS:ジャケットには敢えてふれません・・・・・・



DJANGO

51xJwst.jpg


THE STRUMMERS/DJANGO

1.突き抜けろ!-BREAKTHROUGH POINT-
2.NO CHANGE
3.SAY WOOH!
4.BLACK SUEDE SHOES
5.THE BRIDGE (YA-YA-YA-)
6.TIGHTROPE
7.COOL RULE
8.THE OLD KIDS ARE ALRIGHT
9.THE GODFATHER
10.LONG LIVE PUNKS


2008年発売のアルバム。


とにかく、アタマの3曲の勢いがいい!

特に「SAY WOOH!」はタイトルのダサさに反比例して(笑)、すこぶるカッコいい!
ライブでもスゲー盛り上がるし、このアルバムの中じゃ1番好きだね♪


「TIGHTROPE」もかなり好きな曲!
ベストには、「THE BRIDGE (YA-YA-YA-)」じゃなくって「TIGHTROPE」を入れるべきだったとオレは思うが、まあ全体の流れもあったのかな。。


「COOL RULE」も、最初はなんちゅう歌詞と思ったけど、IWATAが歌うと不思議と様になるんだよね。
ギンギラギラリ~♪好きです。


「THE OLD KIDS ARE ALRIGHT」はオレの好きなAKITOボーカル曲ね(笑)

正直言うと、『STAND AGAIN』当時はAKITOはそんなに好きじゃなかった(AKITOさん、スイマセンww)

オレもその頃は、10代だったから、IWATAやNAKAZのカッコよさクールさに惹かれるわけですよ。
彼らに比べるとやっぱAKITOは地味だったから・・・(何回もホント失礼なこと言ってスイマセン)

でも、AKITOがもし居なかったり、途中で辞めてたら、現在のストラマーズはなかったんじゃないかなと本気で思う。
2人だけの苦しい時も、AKITOが居たからこそ、乗り越えられて、今のストラマーズがあるんじゃないかなと・・・

ストラマーズはIWATAのバンドだと思うけど、AKITOのバンドでもあるんだよ!!


あっ、何か最後はAKITOレビューみたいになったけど、許してね(笑)


これ、前々から言いたかった事なんで・・・



オススメ度:★★★★
フェイバリット:①②③⑥⑦⑧⑩




闇に叫ぶ街

51APg.jpg


THE STRUMMERS/闇に叫ぶ街

1. IRON HEART
2. TIME FOR ACTION
3. YELL
4. LICENCE
5. GIMME GIMME GIMME
6. さすらい
7. THE SHOW MUST GO ON
8. ラヴィアンローズ
9. 87 BULLETS
10. ERA, ERROR
11. 荒野へ


本来なら、もうニューアルバム出ててもいいんだけど、昨年はIWATA氏の急病があったからね・・・
まーじっくり納得いくカッケーやつを作ってください。待ってます♪
でも、IWATAさん、くれぐれも無理しないでくださいね。。


・・・って事で、本作だ。コレもつい最近のよーな気もするけど、もう3年前のアルバムなんだね。
時が経つのは早いな・・・


珍しく1曲目はインストナンバーだ。
ってか、インストってストラマーズ史上初めてかな?何かあったっけ?
まーいいか(笑)
とにかくハイスピードでかっけーナンバーだ♪


先行シングルのPOPな「YELL」もいいんだけど、個人的には次曲の「LICENCE」のほうが好きかな。


「THE SHOW MUST GO ON」はAKITOボーカルです。
何だろうね、オレはAKITOのボーカル曲が毎回グッときます♪


「ERA, ERROR」はライブじゃ演らなそーだけど、地味に好きです。


ラストの「荒野へ」は、ライブでもちょこちょこ演るのでファンには馴染みがあると思うけど、グッドメロディーな曲だよ。


全体的にびっくりするくらい素晴らしい訳じゃないけど、悪くないよ。
ただ、ちょっと物足りない感はあるけどね(笑)


まだまだヤレると思うよ、彼らなら!


ところで、30th ANNIVERSARY LIVE DVDっていつ出るんですか?(笑)


オススメ度:★★★
フェイバリット:①③④⑦⑩⑪


プロフィール

punkhouse★nao

punkhouse★nao
HELLO,HELLO HERE'S THE PUNKHOUSE!
THIS IS A PUNK ROCKER!!

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
TWITER FOLLOW ME♪
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。