THE STRUMMERS/LIFE, MOMENT, PUNK ROCK SONG

4770.jpg


THE STRUMMERS/LIFE, MOMENT, PUNK ROCK SONG

1.明日に向かって撃て! -Light Your Rights-
2.it's only パンクロックソング
3.Weekend Riot
4.Graffiti '85
5.One Life
6.BANKROBBER


2001年発売の6曲入りミニアルバム。


ミニアルバムだからといって侮るなかれ、オレの中で本作はストラマーズ史上、最高レベルの1枚である。


なんといってもトップを飾る「明日に向かって撃て! -Light Your Rights-」が好き過ぎる。


間髪いれずに「it's only パンクロックソング」「Weekend Riot」とお得意のパンクロックチューン全開で、冒頭3曲でほとんどの人がヤラレルでしょう。


後半は打って変わって歌モノで、聴かせてくれる。


特にライブでも終盤の定番曲「One Life」は白眉。


当時から素晴らしい歌詞とメロディーだったが、今聴くと何ともいえない感情が込み上げてくる・・・


今までも、これからも、多くの人に聴き続けて欲しい1曲である。



オススメ度:★★★★
フェイバリット:①②③④⑤










THE STRUMMERSの過去のブログはコチラ


スポンサーサイト

IWATA

fand0816b_007.jpg




少しだけ気持ちが落ち着いたので書こうと思う。



2017年5月9日午前7時3分にストラマーズのボーカルIWATAさんが亡くなった。


当日の夕方ごろ、友人からの連絡で知る・・・


「ウソだろ・・・」


いや、ウソであってくれと願ったが、願いは通じなかった・・・




オレとストラマーズとの出会いは、多くのヤツらがそうだったようにクラブ・ザ・スターからストラマーズを知った。


最初に手に入れたのは、「RUNNING ON THE WILD SIDE」か「STAND AGAIN」だったか忘れたが、89年~90年くらいだったと思う。
とにかく、パンクロックに夢中だったミドルティーンの頃だ。


何度も書いているけど、オレのファーストパンクライブは、地元高松でのSTAND AGAIN TOURのストラマーズだ。


パンクス、ロッカーズ、チンピラどもの中、田舎の普通のパンク好き高校生だったオレは、ビビりながらも思いっきりツッパって初めてのライブハウスを体験した。


ライブは最前列ど真ん中で見た。


手の届く距離にIWATAがいる。汗もツバも飛んでくる距離だ。


当時の記憶を鮮明に覚えている訳ではないが、「SHOUT&SHOUT」でIWATAがオレにマイクをくれた事だけは、何十年経っても忘れられない思い出だ。


とにかく無我夢中で叫んだ。


とても嬉しい体験だった・・・


そこから、メジャーラストのライブ盤「SHOUT&SHOUT」までは熱心に追いかけてた。


その後は、環境の変化もあり、しばらく新譜を追いかける事はなかった・・・



新譜を買わなくなって何年後か分からないが、ひょんな事から「SPIRITS OF FUCKIN' STREET」を目にした。


聴かなかった頃のベストって事もあって、即買った。


1曲目が新曲の「SPIRITS OF FUCKIN' STREET」だった。


ベストの曲や「20世紀の終わり」の新緑が目当てだったので、全く期待してなかったが、この新曲に完璧にヤラれた。


今思うと、この曲がなかったら、このブログも書いてないかも知れないな・・・


それくらい衝撃的にカッコよかった。


そこから、またストラマーズを追いかけだした。


多くのバンドは、過去の名曲を越えられずにいるのだが、5人になったストラマーズは違った。


もちろん過去の曲も思い入れは強いが、新曲を出す度に過去の名曲を越えていき、常に最新作が最高というレベルを作り出していた。

好きなバンドは沢山あるが、こんなに新曲が楽しみなバンドはあまりなかった。




最後にストラマーズのライブを観たのは、2年前のREBEL★ACTIONの解散ライブの時だった。


その前も大阪で観たんだけど、IWATAさんの病気が分かってIWATAさん不在のFOUR STRUMMERSのライブだった。

もちろん、それはそれで良かったのだが、やっぱりオレにはIWATAさんの声が必要だった。


だから、その2年前のライブは燃えた。


ミドルティーンのあの頃のように最前列ど真ん中で叫んだ!


何十年ぶりに見るIWATAさんのカッコよさ、アツさは何一つ変わってなかった。


完璧に病気を克服して、未来永劫にストラマーズを観れるものと思っていた。


この時点では・・・




2017年5月4日のスタークラブ40周年記念ライブでストラマーズがゲストで出ると聞いた。


当初は行く予定はなかったが、その報を聞いてから、絶対に行こうと思った。


結果的には、IWATAさんの体調不良でストラマーズの出演はキャンセルになったが、不思議と行かないという選択肢はなかった。


むしろ、IWATAさんの変わりにオレらがライブ盛り上げなきゃな・・・なんて調子のイイ事考えてた。


当日は、いつもパンクハウスTシャツの下にストラマーズTシャツを着て、おこがましくもIWATAさんの想いも乗せてライブを楽しんだつもりだ。


それから、3日後の訃報だった・・・



オレはIWATAさんと友達でもないし、話したこともない。


彼はパンクロッカーで、オレはパンクロックが好きな沢山のオーディエンスの中の1人・・・たったそれだけの関係さ。


それでも、彼とはミドルティーンの頃からの付き合いだから(オレの一方的な付き合いだけどね・・・)、今の自分の家族よりも長い付き合いだし、自分の親、兄妹に次ぐ付き合いの長さだ。


人生の中でほとんど涙を見せないオレだけど、自然に涙がこぼれたよ。


それくらい、オレにとって大きい存在だったんだね・・・





人はいつか死ぬ。



オレにも5年後か10年後か20年後・・・いや1年後、もしかしたら明日かもしんないけど必ず死が訪れるだろう。



その時に、誰かに何かを残せるように、たった一度の「ONE LIFE」を悔いなく今日も全力で生きようと思う。



IWATAさんがオレに何かを残してくれたように・・・・・・




















THE STRUMMERSの過去のブログはコチラ





THE STAR CLUB/FORTY #21C 異端の美学

115091836.jpg


THE STAR CLUB/FORTY #21C 異端の美学

01.ICE MY BOMB
02.BE READY
03.WE ARE THE BEST
04.SUCK AND SAVE
05.BLEACH ME
06.純度100%
07.VINTAGE BREAKER
08.MAD SAD BAD
09.消えたパンク・ロック?(新緑)
10.MAVERICK(新緑)
11.ROCK POWER(新緑)
12.FORTY(新曲)
13.LOVERS
14.STRIKE A BLOW
15.世界をぶっとばせ!!
16.ONLY ONE-NIGHT STAND
17.CAMPHOR INJECTION
18.IMPULSE TO DO
19.I SHRED!!
20.JACK-O'-LANTERN


2枚目です。


新緑3曲も注目なんだけど、やっぱ新曲の「FORTY」だよね♪


普通、ベストで新曲入ってる時って、1曲目か最後かが定番な気がするけど、何故に中途半端な12曲目(笑)

何か意図があるんでしょうが、無学なオレには分かりません(笑)、そーいうとこもいちいちカッコいいのよ。


曲自体は、イントロからシブい!

HIKAGEの語り部分などでは、思わずニヤッとするフレーズが飛び出します。たまらんな・・・

初日の大阪じゃ発売前って事で演ってなかったが、今後のライブでは演るのか、既に演ってるのか?誰か教えてくれ!


新緑の「消えたパンク・ロック?」「MAVERICK」「ROCK POWER」もイイよね。

オリジナルよりパワフルな感じが好きだ!ちょっとしたアレンジもイイ♪

1枚目の新緑より良く聞こえるのはオレだけか?


本作は、新曲&新緑もいいけど、それ以外の曲もスゴくいいんだよね。

出だしの「ICE MY BOMB」「BE READY」「WE ARE THE BEST」の流れなんてサイコーだし、ラストの「JACK-O'-LANTERN」もあらためてイイ曲だなと・・・


あっ、ラストじゃなかった・・・

実はシークレットトラックで21曲目に「WE ARE PUNKS 2013/THEME SONG OF SC」が収録されてます!

オレは持ってるからアレだけど、持ってない人にはとても嬉しいサプライズだよね。

#21で21曲!オシャレね♪



スタークラブまだやってんの?なんて思ってる人には、是非聴いてもらいたいね。

もし君のまわりにそんな友達いたら、このアルバムを薦めてあげればいいよ。

きっと、気に入るはずさ♪




WE ARE THE BEST!

一緒にするんじゃねぇ!

ブレてたまるかよ!

ビビっていられねぇ!

上等この上ねぇ!!






過去のスタークラブ記事はこちら



THE STAR CLUB/FORTY #20C 反抗の系譜

115091804.jpg


FORTY #20C 反抗の系譜

01.GO AHEAD(新録)
02.SOLID FIST(新録)
03.HELLO NEW PUNKS
04.RADICAL REAL ROCK
05.NOISE ENERGY, NOISE LIVE(新録)
06.BLACKGUARD ANGEL(新録)
07.神風ボンバー(新録)
08.ACTION STREET(新録)
09.ONE(新録)
10.RED ZONE(新録)
11.ラブソングは歌えない(新録)
12.SHIT!
13.ROCK'N'ROLL RIDER
14.THE PUNK
15.COOL OR SUCK?
16.ECSTASY
17.PYROMANIAC(新録)
18.LOVE YOU SOMETHING(新録)
19.KILL YOUR NOTION(新録)
20.SHUT UP


2枚同時発売の40周年記念ベストの1枚目。


特筆すべきは、全20曲中12曲が新録って事かな。


事前に何が新緑か公表してなかったから、みんな色々予想してたんじゃないかな。
当たったかい?

ちなみにオレは全部当たったぜ♪


「BLACKGUARD ANGEL」だけは『VINTAGE BREAKER』に収録されたたから、迷ったけど、『ANGEL BRAKER』で収録されるんじゃないかなーって思ったからね。
希望的には、「ROCK'N'ROLL RIDER」をオリジナルバージョンで新緑して欲しかったけど、曲の並び見て、それはナイなと・・・(笑)



って事で、新緑曲中心に思った事を書くよ♪


「GO AHEAD」のイントロSE聴いて、少し懐かしく思う。そうきたか・・・と♪


「SOLID FIST」は個人的には最初のSE的な部分無しで収録して欲しかったな・・・

頭2曲は、期待値が高かっただけに、まぁ普通な感じです(笑)


「NOISE ENERGY, NOISE LIVE」はけっこう好きな人多いと思うけど、オレはそーでもなかったんだよね。
でもライブで聴くと盛り上がるよね。


「BLACKGUARD ANGEL」は、正直言って『VINTAGE BREAKER』バージョンの方が好きです。

「神風ボンバー」も、まぁ普通(笑)


色々、バンドの思惑もあると思うけど、もーちょっとアレンジしてくれた方がオレは良かったかな。
『VINTAGE BREAKER』が良かったからね・・・


「ACTION STREET」も「SOLID FIST」同様、最初のSE無しでよかったけど、ライブでもSE入れてるから有りでもいいのか・・・
新緑自体はとてもイイ♪


「ONE」をベストに入れるのはどうかと思ったが、『ANGEL BREAKER』で収録予定だったからだろうね。
あまり期待してなかったんだけど、実は新緑の中じゃ一番良かったっつーね(笑)


「RED ZONE」は今の時代に合わせて歌詞がけっこう変わってるけど、本質は同じだよね。
みんな、ガンバって新しい歌詞覚えようね(笑)


「ラブソングは歌えない」は収録自体がサプライズだった。イイ感じ♪


「PYROMANIAC」はイヤーファイナルで演ってたから、何となく収録されるかなーって思ってたら収録されて嬉しかったよ。


「LOVE YOU SOMETHING」は、まぁ普通・・・こればっかりでスマン(笑)


「KILL YOUR NOTION」、最後の方の「ノーショ~ン」が耳に残るね(笑)



先にも書いたけど、新緑は意外にオリジナルに忠実でした。
オレ的には、TORUxxx主導でもっとブッ壊してくれても良かったんですけどね(笑)


ただ、ベストって事を考えると、これはこれでOKなんじゃないかとも思う★
実際、最初に聴いた時より、何回も聴き込んだ今の方がずっとイイからね♪


まぁ、オレの感想なんかどーでもよくって、何はともあれ40周年おめでとーございます!


オレも人生の3/4くらいスタークラブと共に歩んでます。


あの時、「ROCK'N'ROLL RIDER」を手に取らなかったら。こんなブログも書いてないんだろーな・・・と思うと、何か不思議だね・・・



さぁーみんな、燻ってないで、スタークラブ史上最狂のFORTY TOURに出かけようぜ!

きっと何かが変わるはずさ!




前進だけがお前の賛美歌!!





過去のスタークラブ記事はこちら


THE STAR CLUB/FORTY TOUR 2017年3月19日 大阪キングコブラ

C7TKwVrUwAAJZXv.jpg



THE STAR CLUB/FORTY TOUR 2017年3月19日 大阪キングコブラ



(注意)
あらかじめ断っておきますが、今回、ツアー始まったばかりなので、セトリは載せてません。
・・・が、あくまでライブレビューなんで会場の雰囲気的なものは載ってますので、あまりに神経質な人は見ないでくださいませ。





続きを読む

GENERATION X/VALLEY OF THE DOLL

ジェネレーションX人形の谷


GENERATION X/VALLEY OF THE DOLL

1.Running With The Boss Sound
2.Night Of The Cadillacs
3.Paradise West
4.Fridays Angels
5.King Rocker
6.Valley Of The Dolls
7.English Dream
8.Love Like Fire
9.The Prime Of Kenny Silvers (Part One)
10.The Prime Of Kenny Silvers (Part Two)


いったいどうしてしまったのか・・・って感じの2ndアルバム。


1stで見せた若きパンクロックは影を潜め、急にジジイにでもなったかのような落ち着いた楽曲が並ぶ。


オレを含め、1stを聴いて虜になったヤツらにとって、本作は全く持ってクソアルバムだろう。


唯一、やんちゃな「King Rocker」だけが救いだが、それ以外に聴きどころはナイ。




オススメ度:★
フェイバリット:⑤






過去のジェネレーションXのブログはこちら





GENERATION X/GENARATION X

R812663.jpg


GENERATION X/GENARATION X

1.From The Heart
2.One Hundred Punks
3.Listen
4.Ready Steady Go
5.Kleenex
6.Promises Promises
7.Day By Day
8.The Invisible Man
9.Kiss Me Deadly
10.Too Personal
11.Youth Youth Youth


先述の「VITAL IDOL」聴いて、すぐにジェネレーションXに興味を持った訳だが、なかなか地方には売ってなくってね・・・

しばらく経って、街のレコ屋でコイツを見つけた。

中古のレコードだった。もちろん迷わず買ったよ。


「One Hundred Punks」「Ready Steady Go」「Day By Day」はもちろん疾走感バツグンのグレイトパンクロックだったが、「Kleenex」って何だよ?ティッシュかよ?なんて思って聴いたら、これまた腰抜かすほどカッコよかった(笑)


個人的には、「Promises Promises」が大好きでね。本作の中じゃ1番好きかな。
特にラストのギターがスゲー好き♪


あと、オレが書くまでもないけど「Kiss Me Deadly」だよね。
長年パンク聴いてっけど、未だにオレはこの曲を超えるパンクロックバラードを知らない。
歌詞カード見なくても歌えるほど聴いたよ♪
みんなもそーだろ?


レコード購入から大分経ってCDも買ったんだけど、CDはボートラで、「Your Generation」「Wild Youth」「Wild Dub」「Trying For Kicks」「This Heat」の5曲が追加されてた。

何故「Trying For Kicks」「This Heat」が収録されてて「No No No」が収録されてないのか不思議に思ったけど、まぁーいっかw


なにわともあれ、青春の1枚です!


オススメ度:★★★★★
フェイバリット:①②③④⑤⑥⑦⑨⑩⑪













BILLY IDOL/VITAL IDOL

BILLY VITAL


BILLY IDOL/VITAL IDOL

1.White Wedding - Parts I & II (Shot Gun Mix)
2.Mony Mony (Hung Like A Pony Mix)
3.Hot In The City (Exterminator Mix)
4.Dancing With Myself (Uptown Mix)
5.Flash For Fantasy (Below The Belt Mix)
6.To Be A Lover (Mother Of Mercy Mix)
7.Love Calling (Rub A Dub Dub Mix)
8.Catch My Fall (Remix Fix)
9.Shakin All Over (Live)
10.Mony Mony (Live)


中学生の頃、父親に街の少し大きいレンタルCD屋に連れて行ってもらうのが毎週末の楽しみだった。

そこでレンタル落ちで見つけて買ったのがコレ。

ジェネレーションXを知らなかった頃だ。
そう、オレとビリーの出会いは、ジェネレーションXじゃないんだよね(笑)

内容の方は、知っての通り、当時流行ってたREMIXの寄せ集めだけど、1曲目の「White Wedding」からオレにはグッときた。

決定的だったのは、「Dancing With Myself」だったよね。

こっから、ライナー読んでジェネレーションX知って、ソロはそっちのけで、そっちの方にハマっていきます(笑)

なんで、ソロの名曲「REBEL YELL」を聴くのは、だいぶ後のお話・・・


オススメ度:★★★
フェンバリット:①②④⑤⑥⑧⑩











THE CLASH/COMBAT ROCK

CLASH COMBAT


THE CLASH/COMBAT ROCK

1. Know Your Rights
2. Car Jamming
3. Should I Stay Or Should I Go
4. Rock The Casbah
5. Red Angel Dragnet
6. Straight To Hell
7. Overpowered By Funk
8. Atom Tan
9. Sean Flynn
10. Ghetto Defendant
11. Inoculated City
12. Death Is A Star


この後にもう1枚あるけど、実質的なラストアルバム。


「サンディニスタ」で幻滅してたけど、1曲目の「Know Your Rights」聴いたら、そんな事は忘れた(笑)

ジョーのアジテーションぶりがサイコーだ!


だが、意気揚々と2曲目を聴いたら、ちょっと微妙だった(笑)


「Should I Stay Or Should I Go」は、ヒット曲でけっこう人気らしいが、オレはそんなに好きじゃない。


同じヒット曲でも次の「Rock The Casbah」の方がオレには重要だ!

この曲はドラムのトッパーがフレーズを考えたらしい・・・

見た目も知名度もフロントの3人に比べると地味だが、最後にいい仕事したね。
リリース時には脱退してたよーな気もするけど(笑)


「Straight To Hell」はスローな曲だけど、メッチャ好きだ。

色んな意味で、とても暗いんだけど、とても美しい曲だとも思う。


「Know Your Rights」「Rock The Casbah」「Straight To Hell」の3曲は、オレのクラッッシュ史の中でもとっても重要な3曲。


後の曲は、なんというか、まぁ...うん...ええ...ほとんど聴かないね、オレはだけど(笑)


オススメ度:★★★
フェイバリト:①④⑥











過去のTHE CLASHのブログはこちら





THE CLASH/SANDINISTA!

サンディニスタ


THE CLASH/SANDINISTA!

(DISC.1)
1. The Magnificent Seven
2. Hitsville U.K.
3. Junco Partner
4. Ivan Meets G.I. Joe
5. The Leader
6. Something About England
7. Rebel Waltz
8. Look Here
9. The Crooked Beat
10. Somebody Got Murdered
11. One More Time
12. One More Dub
13. Lightning Strikes (Not Once But Twice)
14. Up In Heaven (Not Only Here)
15. Corner Soul
16. Lets Go Crazy
17. If Music Could Talk
18. The Sound Of Sinners

(DISC.2)
1. Police On My Back
2. Midnight Log
3. The Equaliser
4. The Call Up
5. Washington Bullets
6. Broadway
7. Lose This Skin
8. Charlie Don't Surf
9. Mensforth Hill
10. Junkie Slip
11. Kingston Advice
12. The Street Parade
13. Version City
14. Living In Fame
15. Silicone On Sapphire
16. Version Pardner
17. Career Opportunities
18. Shepherds Delight


ブログ書くにあたって、久々に聴きなおしたが、やっぱ途中で止めてしまった(笑)

オレは熱心なクラッシュフリークだが、このアルバムだけは、本気でフルで聴いた事ないかもしんない。
BMG程度に流す事はあるけどね。

内容は、レゲエ、ダブ、ラップ、ファンク、R&B、ゴスペル、ジャズ、ワルツ、カリプソなど、ごちゃまぜでPUNKらしい曲調は皆無だ。


まー、マニアっぽいヤツは、マイナーなアルバムを評価したがるから、このアルバムこそサイコー!なんてほざきそーだが、オレは間違ってもサイコーなんていわないよ(笑)


でもね、良い曲もあるんだよ♪

1曲目の「The Magnificent Seven」は大好きな曲!ジョーのラップがカッコいいよね。

これだけ聴くと素晴らしいアルバムになるんじゃないかと思いきや、2曲目の「Hitsville U.K」でズッこけたヤツはオレだけじゃないはずだ!

「Ivan Meets G.I. Joe」のシンセ(?)はクセになるね。

「The Leader」「Somebody Got Murdered」「Lightning Strikes」も好き。

「One More Time」はちょっと好き。

DISC1はこれくらいかな(笑)


「Police On My Back」は、けっこう人気あって、ライブのセットリストでも生き残ってたけど、オレはあんまり好きじゃない・・・

よーく見てみると、DISC2で好きなのは、「The Call Up」くらいだった(笑)

あっ、「Washington Bullets」もちょっとだけ好きかな。

あと後半に「Career Opportunities」が入ってたんで、せめてもの救いと期待しながら聴いたら、なんじゃこりゃーってなったのもオレだけじゃないと思う(笑)




忠告しておくぜ!もし、君がこれからクラッシュを聴こう!ってんなら、曲が多いってだけで、このアルバムを選ぶなよ(笑)


オススメ度:★☆
フェイバリット:DISC1①④⑩⑪⑬、DISC2④⑤











過去のTHE CLASHの記事はこちら

プロフィール

punkhouse★nao

punkhouse★nao
HELLO,HELLO HERE'S THE PUNKHOUSE!
THIS IS A PUNK ROCKER!!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
TWITER FOLLOW ME♪
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク